食生活マメ知識

2018年1月号

「すき焼き」の敵は「しらたき」?

 この季節、カラダとココロを癒してくれる、食卓を囲む定番中の定番といえば「すき焼き」!!ですね。

 日本だけでなく世界に誇る、万人に愛される日本料理で、「お肉、ネギ、焼豆腐、しらたき」は、「すき焼きの四天王」といっても過言ではありません。

でもそんな四天王の中で、「お肉」と相性が悪いといわれるのが「しらたき」。
「しらたき」は、すき焼きの味にマッチした、なくてはならない食材ですが、しらたき(コンニャクの一種)は、石灰(消石灰)を加えて固められていて、成分である石灰にはカルシウムを含むため、お肉のたんぱく質と、そのカルシウムが結合して、お肉が硬くなってしまうのです。

 従いまして、すき焼きでは、それぞれの美味しさを引き出すためにも、お肉としらたきの間に、ネギや焼き豆腐などを使い、壁を作ってあげることで、より一層、美味しいすき焼きが食べられます。

 ということで、是非一度、お肉としらたきが隣り合わせにあるすき焼きと、お肉としらたきが離れたすき焼きを、食べ比べてみてはいかがでしょう!

 違いのわかる食通になれるかも?!

 それでは2018年もどうぞよろしくお願いいたしま~す!!


CONTENTS

|食生活マメ知識|
更新月順一覧
カテゴリー別一覧
all today yes