健康レシピの作り方

鮭とキノコの吹き寄せ風グリル
  • 調理時間:30 分
  • (一人当たり)
  • カロリー:311kcal
  • たんぱく質:28.6g
  • 脂質:9.4g
  • 塩分:1.0g


<2人分>

鮭(切り身)
2切

A

 ・味噌
100g
 ・みりん
大さじ1
 ・酒
大さじ1
シメジ
(石づきを除き、小房に)
50g
マイタケ
(石づきを除き、手でほぐす)
50g
エノキ
(石づきを除き、5㎝幅に切る)
50g
インゲン(5㎝幅に切る)
2本
栗(皮をむいて茹でる)
4個
ゆでギンナン
5~6粒
ニンジン
(型ぬきして茹でる)
40g
カボチャ
(型ぬきして茹でる)
40g
サツマイモ
(型ぬきして茹でる)
40g
とろけるチーズ
50g
  • 鮭の切り身はザルに並べて塩をふり、15分ほどおいて水気を拭く。
    Aの調味料を合わせて味噌床をつくる。
  • 密封容器にAの味噌の1/2量を敷き、水でぬらして堅くしぼったガーゼを敷いて、鮭を並べ、ガーゼをかぶせて残りの味噌をのせ、ふたをして30分ほど漬ける。
  • すべての野菜を下準備する。
  • ②の鮭を取り出し、フライパンで両面焼く。
  • クッキングシートを敷いたオーブンの天板に、鮭を並べ、チーズ、キノコ類、インゲン、栗、ギンナンをのせ、オーブンで焦げ目がつくまで焼く。
  • 仕上げに型抜きしたニンジン、カボチャ、サツマイモを飾り完成。

鮭とキノコの吹き寄せ風グリル

一般的にサケといえばシロザケを指しますが、シロザケは成長度合いや漁獲時期によって「秋鮭」、「ときしらず」、「めじか」、「けいじ」など呼び名を変えます。
旬の鮭は脂肪分が高くなり、濃厚な味わいになります。白身魚の鮭ですが、脂質含量は一般の白身魚に比べて高め。当然、含まれる脂肪酸は、話題のオメガ3。EPA、DHAをしっかり摂ることができます。さらにビタミンAも豊富で冷え性、目の疲れ、肌荒れ、疲れやすい方に効果的にはたらきますし、風邪の予防にもおすすめです。皮には美肌によいコラーゲンがいっぱいですから女性にも嬉しい食材です。

CONTENTS

|健康レシピ|
健康レシピ一覧
all today yes